1. HOME
  2. 人びと
  3. FOS「人びと」リレートークに寄せて

PEOPLE

人びと

FOS「人びと」リレートークに寄せて

新しいホームページになりました。

 

野外学校FOSは、1994年ヒマラヤK2遠征を終えで帰国した戸高雅史(とだかまさふみ)通称マサと、マサの湯河原宅に居候してヒマラヤ登山を目指していたトオルとふたりで、若者を対象に本格的な登山活動を通して自らが経験できる場を開いたのが始まりです。私はマサとは95年に結婚し、ヒマラヤ遠征に5年同行、日本に帰国すると、FOSの事務局として一緒に活動を創っていきました。当時の参加者は教育・福祉系の大学生や野外教育団体に所属している若手の人々で、自らの生き方を模索し、刺激的な出会いを求めて人が集まり、厳冬期の八ヶ岳アイスクライミング、冬の富士山登頂と冒険的で挑戦的な登山をしていました。

2001年に子どもが生まれてからは、対象に小さな子も加わって、親子で本格的な自然体験、冒険キャンプ、活動の場も屋久島や北海道、九州へと広がっていきました。当時から、変わることのないFOSのコンセプトを改めて書き留めると、

 

〇普遍的な自然の美しさに触れること。

〇素直な心で、真剣に自分に向き合ってみること。

〇共に活動する仲間と喜びを分かち合うこと。

 

山や自然は私たちの大いなるマスターであり、私たちは、自然という大きな営みのいちぶ。

自然に対する謙虚な感覚を、私はこれからも、磨き続けていきたいと思っています。

FOSは今年で発足25年になります。いまも、まるで自然に呼ばれるように、その時の活動にぴったりの人が集まり、ぎゅっと濃い自然体験が生まれていきます。

清らかな清流に飛び込む気持ちよさ、焚火のゆらぎとあたたかさ。自然そのものに触れ、身体と心の深いところで感じた安らぎや穏やかさ。そうした原体験がいのちの源泉に響き、いまを生きる力になればと願っています。

FOSリレートークは、自然をツールに出会った個性的な表現者たちの「いま」に出会えるページを創ります。「経験を通し、自分の言葉で語り合う」これまでFOSが大事にしてきたことです。

突然のトーク依頼があるかもしれません。そんな時はどうぞ、ありのままのあなたの声を聞かせてください。

 

さて、次回のトーク、お楽しみに♪Feel our soul ♡by とだかゆうみ

Feel Our Soul People

人びと