STAFF

スタッフ

FOSのスタッフを紹介します。

戸高 雅史(とだか まさふみ)

ヒマラヤに宇宙を感じ、山との融合を求め、高峰に登り続ける。
標高8,611mのK2峰単独登頂(’96,世界第2登)など八千メートル峰四座に無酸素登頂。 ’98年、チョモランマ峰北西壁にてビバーク中、生きるべき世界はいのちのつながりのなかにあると直感。 過去や未来(意識)の介入しない現在[いま]…そこにいのちの本質をみ、清らかな水や緑に溢れた日本の自然を舞台に、瞬間性に満ちた自然と行為の瞬間性から生まれる「自然とひとの共振の場」を各地で開催。 また、自然に即した音やリズムを交えた講演・トークライブも行っている。
1961年、大分県生まれ。登山家、野外学校FOS代表
福岡教育大学大学院修了、昭和医療技術専門学校特任教授
1996年オペル冒険大賞受賞
著書に『A LINE』(ソニー企業発行 共著)、『はじめよう 親子登山』(山と渓谷社)
現在、Web春秋|春秋社 にて 『生命力―呼吸がつなぐ「こころ」と「からだ」』をリレー連載中

主な海外登山・登頂歴
● 1990 ナンガパルバート峰(8,125m)南西稜 無酸素登頂
● 1995 パキスタン・ブロードピーク北峰~中央峰~主峰(8,051m)無酸素縦走 世界第2登
● 1996 K2峰(8,611m)南東稜 単独無酸素登頂
● 1998 チョモランマ峰北西壁アルパインスタイルにて8,500mまで到達

戸高 優美(とだか ゆうみ)

東京生まれ 野外学校FOS事務局
幼いころから(自然はわたしの大切なともだち)と感じてきた。 スカウト活動を通して自然・キャンプ・友達と共に育つ楽しさを知る。 大学では野外教育学を専攻、夏はキャンプ、冬はスキーと現場を駆け回る大学時代を過ごす。 卒業後は長野県小谷村の冒険学校でアシスタントインストラクターを勤める。マサと入籍後はヒマラヤ登山に同行、ネパール・パキスタン・チベットと山旅暮らし+ベースキャンプマネージャーを務める。 出産を期に、富士北麓をベースに出会う母たち、東京の自主保育の仲間も加わり、自然のなかで遊び育ち合う会を企画運営。焚火や山菜採り、四季を通して富士山で遊び、親子共々自然に育つ。 子どもの存在そのものを受容しあい、母たちが自分の構築してきた世界を想うままに語りあえる場、自然そのものに触れあい、自らが主体となって学ぶ場を出会う人々と創り続けている。
FOS番外編ブログ、ゆうみんライフ好評執筆中です♪

石井 雅也(いしい まさや 通称まじゅ)

1982年埼玉県生まれ FOSの様々なコースでスタッフを担当

高校から山岳部に所属し、大学山岳部では主将。北アルプスにある西穂山荘でアルバイトを経験。日本アウトワード・バウンド協会が主催する冬期冒険教育指導者育成コース修了。

幼いころから吃音に悩む。しかし、山で「変なやつが一人くらい居てもいい」という言葉がふっと浮かんでくる体験をし、世界の見え方が変わる。高校・大学の山岳部の経験を通し、山では不思議な心理体験が自分以外にも起こることを知り、山の世界で活動することによって、あるがままの自分を受け入れるきっかけになるのではないかと考え、ライフワークのテーマとしている。

現在は、臨床心理士として、育児相談や発達障害の子どもたちの居場所で仕事をしている。FOSの育児相談・家族相談担当かも(笑)

臨床家 Masaya Ishii :  http://majyu-hp.wixsite.com/majyu-hp

山崎 拓也(やまざき たくや 通称ぽぽ)

現在は放課後等デイサービスで児童発達支援管理責任者、障害児支援と障害者支援スタッフ。 キャンプや山登りなど野外活動で自然体でいる感覚が好きで、日常でもそんな感覚でいられたらと思っています。 人と自然、全てが巡り合っていくことに感動と楽しさを感じています。 出会えた子ども達に一瞬の体験が、未来につながっていく思い出になれたらうれしいです。

Gomi Mayuko(まゆぞう)

東京生まれ 北海道育ち
金融OL時代に野外活動NPO法人でボランティアスタッフとして関わり、「子どもは野外で変わっていく」ことに衝撃を受け、「生きる力」を育てる面白さに目覚める。
出産後 親子登山を通して戸高家と出会い、これからの社会づくりに必要なものを必要な人に届けるお手伝いがしたいと思い、サポートさせてもらってます。
身体で感じる心地よさを自分の軸に生活。

趣味は山登り・料理・ピアノ・・・かな?

小俣 さおり(おまた さおり)

山梨県生まれ。野、山、川、田畑、そして読書と、春夏秋冬豊かな自然の中で遊び育つ。小学校のころの恩師の影響から高校では山岳部に所属。物、事、人、文化、自然、いのち、様々なことに興味を持つ。そのためか、海外・国内を旅することが何より楽しかった時期も。
FOSに出逢い、野外活動を再開。体験・実感・わきあがる感覚・感性・直観・反応・融和・環、そんなことを大切に暮らしたいなと想うこの頃。色々な職(楽器店、花店、福祉施設、介護士など)を経て、現在、からだとこころのケアあわ として、その人自身が自分のからだとこころに向き合い、体感して整えていくことを伝え、生業としている。

ブログ:あわ ~saori omataのブログ~ からだを感じるじかん
H P:からだを感じるじかん

狩生 哲良(かりう のりよし 通称 にぃに )

1961年大阪府生まれ 主に九州・大分のコースでスタッフを担当 大分県で高校講師、中学校教諭を経て退職。現在に至る。
特に人権教育、更に不登校対策の実践に取り組む。 不登校対応対策教員として2年間の長期研修、また、効果的な面接技術ベーシック+マスターコースを修了。様々な状況にある子どもや保護者と向き合う中で自分の内面を磨き共に成長する大切さに気付く。
そんな時にFOSと出会い、一瞬に開く自然とひととの生命の共振にふれて感銘を受ける。ギターの弾き語りでオリジナル曲の単独ライブを開催するのが夢。みなさんと活動を通して倖せな空間を過ごしたいです♬

金光 俊太郎 (こんこう しゅんたろう 通称 しゅんた)

北海道出身 田舎で育ち、小さい頃は自然の中で遊ぶことは当たり前と感じていたが、便利な一方で自然の少ない都会へ上京して初めて、自然の中で遊べることに幸せを感じる。 大学では、教育と自然を軸に学ぶ。 大学の授業をきっかけに戸高さんと出逢い、 “いま”を大切にするFOSのスタイルに共感し、地域支援実践でもスタッフとして受け入れていただく。 大学卒業後、毎年、北アルプス〜南アルプスの山小屋で働き、日々自然の変化に恵まれた環境で生活。 その傍ら、シーズン外のいくつかのFOSのコースを担当。 子どもたちが自然の中で活動する際に見せてくれる笑顔が、FOSのスタッフを担当させてもらう上での1番の楽しみです。

松本 美由希(まつもと みゆき)

神奈川県生まれ 葉山在住 デザイナー 3児の母

そのものが、一番そのものらしく、一番美しく輝けるよう、デザインすることが喜びです。
葉山で子育てを通じて戸高家と出会い、「この2人との出会いを待っている人達がもっと世界中にいるはずだ!」と感じ、ホームページ制作を立候補させて頂きました。FOSと皆さまとの素敵な出会いに、少しでもお役に立てたらうれしいです。普段は海派ですが、FOSのおかげで山の楽しさも知りました!

吉田 真(よしだ まこと  通称 まこ )

1977年生まれ 埼玉県行田市在住 ドラムサークルファシリテータ&コーチ「打てば響く太鼓の心届けあなたへ」を合言葉に和太鼓でインターネットで出会った仲間と共に成田太鼓祭りや日本太鼓祭@伊勢神宮で演奏。そんな中でこどもからおとなが円になって、即興で打てば響く太鼓から生まれる、その瞬間から創られるリズム・グルーブに魅了されドラムサークルファシリテータになる。2017年に自然の中で人の可能性を開くFOSに出会い、その理念に共感し、キャンプやイベントでの音遊びを担当。また、ホームページの管理を担当。

●ドラムサークルファシリテータ
Community Facilitators’ Playshop in Hawaii 2006
FUJI ROCK Stoned Circle 2007 with DRUMAGIK
FUJI ROCK Stoned Circle 2008 with DRUMAGIK
●国際コーチ連盟認定資格 CPCC( Certified Professional Co-Active Coach)

◯ブログ: Nagomi 〜心の奥に響く音に眠る純真さを大切にする〜
◯私が携わる伝統芸能: 長野ささら獅子舞(埼玉県行田市)