1. HOME
  2. ブログ
  3. 森と子どものじかん

森と子どものじかん

   
冬休みジュニアコース。
今年は富士山麓・山中湖で開催しました。
FOSの山中湖ベースで山歩きの準備。お弁当を持って裏山へハイキングへ。
冬の陽が森にさして美しい。ゆっくりと自分のペースで歩こう。
  

 

マサの山歩きは道のない森歩き。
冒険的な気分ルンルン! 「えー!ここを下るのー!」急斜をそろりそろりと下ります。怖がると腰が引けてしまいます。腰を落として、バランスを取り、自分の身体感覚を信じる。一歩一歩ドキドキで安全地帯に着いた時のほっーと一息の安堵感。
  

  
冒険は子どもの身体知と心をぐっと育てます。
   


みんな自然体のいい笑顔!


明神山から富士山をどーんと眺めてごあいさつ。
いつも登る山ですが、いつ登っても絶景!
FOSのみんなの大好きなおやまです。
  

  
今回、宿泊はモンテラック・コテージに宿泊。
いつもは寝袋でしたが、快適な生活環境でリラックスして過ごせるようにしました。1人1ベット! 貸切利用させて頂きました。
  

  
夕飯は鈴木シェフによる盛り付けの工夫のミニワークショップ!
「お皿を時計に見立てて、1時にブロッコリー、2時にニンジン、メインは3時~中央に!」「なるほどー!」
 


夜は世界最高峰のアウトドア・ドキュメンタリーBANFFI映画祭。26.17日限定上映会のチケット購入。マウンテンバイクで北極圏を目指すイギリス青年の冒険や遊牧民の親子の放牧紀行、100歳のマラソンランナー・そしてクライミングに挑むフィルム鑑賞。「どれがよかった?」と聞くと、自分の心に届いたフィルムはそれぞれに違います。心の炎に新鮮な風を送る時間になったらよかったなーと!

おはようございます!
2日目雪が降ったらいいなーと思ったけど晴れ!
本日は静岡側の富士山へいこーう。
  

 

サンタツアーズ!? クリスマスを終えて、こびとを連れてクリスマス休暇で富士山へ!って雰囲気です。赤い帽子をかぶるだけで、気分UP!

森の気を深呼吸。身体も心も気持ちよーく和んでます。
  

 
山から下りたら、駐車場で線鬼。
ガチホンキの鬼ごっこ!


モンテラックの夕暮れ。

   

  
子どもたちも室内で漫画を読んだり、トランプしたり、、。
いい時間が流れていきます。

  

 

2日目のディナーは鈴木シェフによるフランス料理のマナー教室。
「スープは飲むものではなく、食べるもの。だから音を立てないんだよ」
などなど、なるほどー!と、知らないで緊張するのではなく、知識を得て、実践してみよう!


食後は音楽ナイトになりました。
マサのジャズピアノにみんな大爆笑でした!
Y作のピアノは優しい音色でした♪RRの心意気ピアノもサイコー!
  


雪を求めてスバルライン4合目に上がりましたが、5合目の開通ならず!
樹海の森歩きを楽しみました。みんなで樹に座って一呼吸。
楽しくて心地よい森時間になりました。
  

4合目からの富士山。
風が吹いて厳しい! 森は穏やかに樹々のいのちに溢れていたね。
  


ただいまー! お昼ごはんはお餅を頂きました。
とってもおいしかったね!

    
今年はコロナ禍により、日常生活が大きく変化してしまった年になりました。
今年、FOSは自然のなかへなかへと出かけていきました。身体と心が健康で在れるように、自らの考えと感覚を大切に生活をする。これからもFOSは自発的な生き方を大切にしていきたいと思います。
  
子どもたちが健やかに育つ場のひとつとして、
自然へと歩んでいこう。
  
富士山麓の自然たち、富士山、そしてモンテラック、
参加した子どもたち、保護者のみなさま、
FOSに共感を寄せてくださる方々に、感謝!

新しい年もどうぞよろしくお願いします。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事