1. HOME
  2. ブログ
  3. いのちをつなぐタネ

いのちをつなぐタネ



「雑穀を食べることは、私たちの中に眠る古代からの記憶(ネイティブスピリット)のスイッチをONにすることではないかと思っています。」と、雑穀料理人レーズンこと千春さんのお話しからスタート。

「種は情報を記憶する」
「You are what you eat!」
  

旅に生きてきたマイヒストリーや暮らしの実体験を例にしながら、
雑穀哲学を語るレーズンのお話しは、何回聞いても新鮮でワクワク。
今回は大麦(米粒麦)を使った料理を作ります。


オオムギの炊き方。大麦1カップに対して水は1.2カップ。
15分で炊いて、10分蒸らす。火加減、炊きあがり、先生とキッチリ!
ひとつひとつ確認しながら五感で学ぶ。
オンラインな世の中ですが、自らの五感をなによりの軸に衣食住を創りたい。
と願う人がFOSには集い、料理教室に集まっているなーと思ふ♡
    

  

「ニンニクはもう少し小さく刻んでもらおうかなー」
「はい」トントントントン、、。
包丁を持ってまな板に向かう。
素直に習う姿勢ってステキ、、、♡
  


野菜は同じ大きさで刻みます。料理は調和。
野菜はニンニク→ゴボウ→ニンジン→キノコ類と順番で丁寧に炒める。
最後にひき肉の代用となるオオムギを炒めますが、炒める前に少々のオイルをオオムギにまぶしていると、サラサラっと炒められまーす♪なるほどー♡
基本のオオムギそぼろの出来上がり!


オオムギべジタコミートとガパオライス。
パパイヤのサラダ、オクラのサラダを盛り付けて出来上がり!


レーズンが沖縄の海で採ったモズク♡
ぷるんぷるんです。おいしーい!


ココナツパウダーと豆乳。タピオカの代わりにオオムギ!


デザートはスターフルーツ! あさちゃんの差し入れの葡萄がピッタリ!
レーズンの手作りスコーンも付いて、心もおなかも満腹!

料理教室の後はみんなで海へ。
森戸神社から海散策。最後はドボーン!
出会う、話す、聞く、作る、食べる、分かち合う。
穏やかな手仕事と自然にふれて、身体も心も軽くなる。

葉山の自然と暮らしにタイムスリップするような葉山lifeコース。
次回は12月に雑穀を使ったクリスマス料理を作ろう!
どうぞお楽しみに♪
みなさま、ありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Calendar

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

News Letter

イベント開催情報をいち早くご案内したり、活動のレポートを美しい写真と共にメール配信していきます。ぜひ、ご購読ください。


Newest