1. HOME
  2. ブログ
  3. 春分の日に寄せて

春分の日に寄せて

   

春分の日に寄せて、富士山特集!
四季折々、富士山の写真をお贈りします。

テレビをつけると世界中に病が駆け巡っているように映ります。
ご自身の体調がすぐれない方はゆっくりと休息をとり、
消化の良いものを食べて、とにかく眠ろう。

元気な人は元気でぜんぜんOK!!!
事実は冷静に見つめ、客観的に物事を見て考える視点を持ち、
身体と心は健やかに、家族や友人と幸せを実感する言葉や行動を大切にしていきましょう。では、ゆっくり呼吸して、富士山の様々な姿、ご覧ください♡

 

  

双子山からの富士山。
兄山→宝永山→富士山と稜線は空へと続いていきます。

  

富士山の宝永火口でごろーん!
ヨガでいうとシャバ―サナ。大地に全身をあずけ、ゆっくりと呼吸します。
眠る前にふとんのなかで、ふっーと息を吐いて、力を抜いてみてくださいね。

 

 

風紋。風と雪とが創る芸術。
自然はアーティスト!

夜明けの空 藍の美しい世界が広がっています。

  

  

人って小さい。けれど、動いている姿はとっても美しい。
生きているってことは美しいことなんだ。
山で遥か遠くに点のような人を見つけると、いつも祈りたくなるのです。

  

 

夜と月

 


 

  

  雲の動きを全身で感じながら登山を進めていく醍醐味が富士登山の魅力のひとつ。

 


  

富士山の頂上から剣ヶ峰。切り立つ噴火口。
この迫力は頂上に行かないと出会えない景色です。

 

 

   

美しい景色のいちぶになる。

 

  

毎年、楽しみにしている富士山そり。
条件が合わないと、なかなかいけませんが、
広大な景色を眺めての雪遊びとそり滑りはサイコーの爽快感!
登山届けや登山ガイドマサのナビゲーションでご案内していますが、
今年は3回のチャンスに恵まれました!


富士山プロジェクトのご来光。
時と場とそこに在る人がピッタリのタイミングで出会える景色。
感謝が湧いてくる瞬間です。
 

    

双子山の下山でジャンプ大会!
砂走りの途中、山の斜面から飛び降りる子どもたち。
ドキドキのスリルを味わう。遊園地の乗り物ではなく、自分の身体で自己コントロールして遊ぶ。子どもの身体能力がぐーんと育つ遊び。
冒険や挑戦は日々の遊びのなかにあるものです。

  


  

  

標高1500m付近は豊かな森があります。
噴火の跡に芽吹いた自然たちの営みのせかい。
ブナの大木や緑の苔たちの美しさに癒されます。
 


  

森の聖者、6月の森はひっそり静かな気配に満ちています。

   

  

富士山から山中湖を望む。
月のカタチの湖、雲海も三日月です。
自然の営みに呼吸を合わせていこう。

富士山特集、いかがでしたか?
では、連休をどうぞ健やかに在りますように。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Calendar

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

News Letter

イベント開催情報をいち早くご案内したり、活動のレポートを美しい写真と共にメール配信していきます。ぜひ、ご購読ください。


Newest