1. HOME
  2. ブログ
  3. フジサンに会いにいく!FOS×原っぱ大学コラボVol.2

フジサンに会いにいく!FOS×原っぱ大学コラボVol.2

富士山そりの予定地の雪はすっかり溶けてしまいました。
スバルラインから4合目に入る予定でしたが、前夜の積雪により通行止め。
山梨から静岡へ下り、いつもの大木にご挨拶。
人間社会では色々な動きで社会は混乱しています。
こんな時こそ、自然へ。
集った原っぱの仲間とフジサンへレッツゴー!


「わー苔がすごーい!」
センスオブワンダーの世界が広がっています。
自然には自らの感性をON! にして感じ、知り、分かち合うことに溢れている。
 


 

雨上がりの大地、
苔たちの生き生きした表情に出会います。

 

 

みてみて、なんか不思議な苔かな?
ムーミンのニョロニョロみたいだね。
自然のなかにはファンタジー・創造の世界が広がっていく。
 

誰もいない森に私たちだけ。
自然たちからじっーと見つめられているような、、。
自然に包まれている心地よさ。しっとりした空気感。

自分のペースでゆっくり歩いていきましょう。

 


 

森を抜けました。黒い大地から水蒸気が上がり、風に吹かれていきます。
自然はいつも私たち人間が見ないところで、いのちの営みを淡々と織りなし続けている。神秘的な働き、当たり前のことなのだけれど、なんて美しいんだろうと、ふっと佇んで見入ってしまいました。
 


 

「富士山は噴火のおやま。火山小石がいっぱいだ!」
石好きの子にはたまらない楽しさがあります。

 

 

「もう少し、頑張って歩こう!」
「まだー! ?もう歩けないよー」と小さな人がぐずりだします。
親以外の大人が関わる事で、嫌イヤモードを親が全面に引き受けず、
子どもの気持ちを受け留めつつ、視点を変えつつ、遠く目指す処へつなげていく。原っぱの頼もしいスタッフ泰子さんのユーモアに引っ張られていきます。
 


 

富士山どーんと眺める地点まで到達!
新雪の富士山、うつくしーい♡

 

 太陽が近い!!! 

 

 

雪を求めて山を登る!
かなりの斜度なので超高速!
いやー爽快。
 

 

この雄大な景色のなかに、飛んでいくような解放感!
子どもも大人も繰り返し登っては滑るを繰り返しておりました。
 

  

山からの帰り、「マサは熊にあったことある?」子どもの質問にイロイロ答えております。歩いては休んで、、。大人も歩きながら、たわいもない会話のなかに、交流が生まれて、とってもいい時間!

夫婦で歩く時もまた新鮮な気分!


FOS×原っぱ大学。
2020年冬富士山そりのコース冬季は終了!

遊びを創造する。
FOSも原っぱにも共有する自己創造に生きよう!
楽しい時間になりました。

今年の夏もコラボキャンプ等予定しています。
原っぱの頼もしいスタッフと創る場は楽しいなー♡

室内に閉じこもりがちな社会状況下になりましたが、
頭上に広がる空を見上げ、
樹木や草花を見つけ、
大人も子どもも自分の感覚を拠り所に、
どうぞ健やかな日々を営んでまいりましょう!


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Calendar

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

News Letter

イベント開催情報をいち早くご案内したり、活動のレポートを美しい写真と共にメール配信していきます。ぜひ、ご購読ください。


Newest