1. HOME
  2. ブログ
  3. 友達ができたよ!元気いっぱい日曜日!HAPPY TODAY FOS×横浜ぐるっとママ

友達ができたよ!元気いっぱい日曜日!HAPPY TODAY FOS×横浜ぐるっとママ


2月23日㈰は町田大池沢の自然に集合です。
藍色の冬空ですが、風もなく、あたたかな陽気になりました。
身体の感覚をセンサーにして、五感を開き自然をいっぱい感じる日!
FOS×横浜ぐるっとママの自然遊びは開催3回目。

  

 


太陽に向かってヨガ体操。
胸をひらいて新鮮な空気をいっぱーい身体に感じてみよう。
おひさまを両手に抱えているイメージ。みなさん心地よさそうにリラックス。

  

 


本日のプログラム紹介。
かわいい紙芝居でお伝えします。参加する子どもも大人もみんなで楽しく進めていかれるように活動のガイダンス。ちびっこも真剣に聞いています。小さな子も自分の意志で参加していかれるといいな! 
子どものサポートはみんなの目と手と心で見守っていこう。
なんともやさしい場になっています。

 

   


さぁーほうとうを作りまーす。包丁とまな板の前にきちんと立って、トントンとお野菜を切っていきましょう。子どもも大人も調理に集中!

 


  

どーんと出来上がりました!
焚火でぐつぐつと煮込んだほうとう鍋。とってもおいしかったねー♡

  


  

ニンジン、大根、ごぼう、白菜、ジャガイモ、しめじ・えのきetc、、。
最後にみんなの愛情入り♪

 

  

 

さつまいもとジャガイモ、どっち派?
子どもたちお猿さんみたいに夢中で食べておりました。

  

   

ジョージ特製焙煎珈琲! 大人にはコーヒーサービス付き!
珈琲の好きな人へ。おいしいコーヒーを飲んでもらえたら、、。
おもてなしの気持ちの真ん中に優しさ。ありがとう! ジョージ!
とってもおいしかったよー♡

 

焚火でウィンナー焼き! ウィンナーってこんなに美味しかった?
大人も夢中で焼いていました♡ 大人もありのままのわたしでいられる。
出会いと会話を楽しむ! 大人にとってもとっても楽しいひとときになっております。
 


 

今回のヒットは宝さがしゲーム。
スタッフの子どもが考えてきてくれました。ちびっこから小学生まで走り回って遊んでいました! 3回目になり、リピーターの子どもたちが再会を楽しみに集まる場にもなりました。子ども主体の遊びがどんどん展開されていく楽しさ。
子どもの生き生きとした躍動感のある動きや表情にふれることは、大人にとっても喜びですね。

 


  


なにやら相談中!

「はーい!山に行く人ー!!!」とマサのお誘いに山へいこう!


山登りって楽しいね! ちびっこはお姉ちゃんやお兄ちゃんがサポートについてくれる。ちびっこも一生懸命に歩きます。元気な子たちは駆け足で!
それそれの子が自分の気持ちとリズムで登れる山遊びの延長線上に山登りがあるんだよね。マサの提案する山登りは大人の常識を覆してしまい、子どもたちはバッチリフィットしていきます。
「なぜ山に登るの?」「山には自由があるんだよ!」
山の自然と山に登る行為は主体そのもの。自分の身体と心を感じていこう。
山登りってこんなに楽しかったかな? パパがニコニコ笑顔で呟いていました。

 


 

山でみつけた宝石。見せてくれました。

 

  

HAPPY TODAY! みんなの笑顔がはじける集合写真になりました。
たくさんの大人が子どもたちを見守り、子どもを真ん中において育ち合う場。
自然のなかで、おひさまの光に包まれて、ワレラ人間の原体験を心から楽しむ。


会の最後にはいつもみんなでシェアの時間をとっています。
「きょうはおやまがたのしかった」「おいもがおいしかったです」「たからさがしがたのしかった」ちいさな子もしっかりと手をあげて、自分の体験を言葉にしていきます。自分の感じた気持ちを言葉にして伝えあう。じっーと心を向けて、言葉が生まれてくるのを待っている人たちがいる。
この優しさと安心感に包まれて、自分を表現できた体験は確かな肯定感につながっていきますね。

 

 

 マサのお話しリクエストがあり、急遽マサトーク。
「私たちは良かれと思って築いてきた仕組みやルールがあります。
例えば、人には優しくしましょう、思いやりを持ちましょうなどがありますね。
今日はいちにち、自然にふれ、人に出会い、子どもたちと山に登りましたが、大人がなにか言わなくても、子どもたちは異年齢の子同士がしぜんに関わり合い、友達となり、優しさや思いやる気持ちで交流していたよね。
HAPPY TODAYは、もう一度、私たちが素になって、自然を舞台に火があり、山があり、野がある場所で集うことから生まれていく場をみんなで創っていくことを提案しています。それを体験した人が、自分で感じた原体験を伝えていってくれたらいいなと思います。」心に響きました。
  


  

解散しましたが、ターザンロープで足留め。
しかーし楽しそうですよー。
次回のご案内はホームページで!
みなさま、ありがとうございました。

  


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Calendar

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

News Letter

イベント開催情報をいち早くご案内したり、活動のレポートを美しい写真と共にメール配信していきます。ぜひ、ご購読ください。


Newest