1. HOME
  2. ブログ
  3. 個人ガイド・白馬・雪山歩きレポート

個人ガイド・白馬・雪山歩きレポート

遠く白馬連山へ
栂池プチホテル・シャンツェをベースに雪の白馬スノーシュー個人ガイドレポート

栂池自然園に上がりました。昨晩の雪をまとい、山は光輝いています。

小蓮華から山スキーのシュプール。美しいライン、山とスキーのアートな世界。

誰も歩いていない雪野原

太陽の陽光が山々に降り注いでいます。

藍の世界

二日目は小谷は雨飾山の麓へ

小さなピークに登るよう 尾根に上がっていきます。

一歩一歩確かなステップでいきましょう

雨飾山を眺める雪道でひとやすみ。

自然はアート

さぁ下山。広がる景色が変わります。山は登りも下りも楽しいものです。

途中から森野原にはいりました。

雨飾山にあいさつして帰りましょう。

遥かに白馬連峰。厳冬期に登っている山々を眺めてマサとゲストと山話に花が咲きます。身体で味わってきた厳しい山行、山登りはいいですねー。

シャンツェの夕ご飯はいつも格別の美味しさ。少しご紹介♡

オーナー新井さんの手打ち蕎麦。絶品です!

最終日はシャンツェの裏山から塩の道ルートへ

広い尾根の雪野原サクサク歩きます。

谷を滑るように下ります。

塩の道にでました。ゆっくりと味わいながら歩きます。

山々の連なりと暮らしを感じる小谷栂池高原、いいところです。

お昼ごはんを頂いて帰りの支度といたしましょう。

国産オリーブと山塩。こだわりの食材が身体にすっと入ってきます。

3日間、素晴らしい銀世界に遊びました。4月初旬にまさかの新雪! 長年、マサと厳冬の3000mを登ってきたゲスト。雪山へ入るチャンス! と「なんもかんもほったらかしてきたわよ」と、山を知る方の行動力に脱帽で。おかげさまで雪と光の山々を堪能するコースをご案内することができました。

長年、山宿としてチームとして場を創ってきたシャンツェの新井さんご夫婦とのコンビネーションもバッチリ! ありがとうございました。


マサの個人ガイドでは、ゲストの希望に合わせたコースもデザインしています。どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Calendar

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

News Letter

イベント開催情報をいち早くご案内したり、活動のレポートを美しい写真と共にメール配信していきます。ぜひ、ご購読ください。


Newest