1. HOME
  2. ブログ
  3. 春の白馬へ in栂池シャンツェ!

春の白馬へ in栂池シャンツェ!


山の好きな人にはたまらない!
夢のような世界が広がっています。


ただいまー! 栂池高原シャンツェ♡
お世話になって30年、親戚のような存在です。
  

 
FOSに来ると子どもたちはすぐに友達になっちゃう。
ちびっ子はお姉ちゃんについて行き、色々質問したりして興味津々。
感じることを素直の表現できる雰囲気が子どもをぐっ〜と成長させるよね。
  

  
「わー雪だぁー!」大都会に暮らす子どもにとって、雪って特別な思いがある。こんなに解けないで、いっぱい雪が残っているってすごーい!!!
ほんとうに♡標高1700mの栂の森、雪遊びに夢中ですっ。
  

 

 

 

 

 
「西陽、そろそろ下山しますかー」雪洞を掘ったり、そりで滑ったり、
大人も子どもも自由な空間に遊びの世界が広がって、とっても楽しい時間を過ごしました。春の陽に包まれて雪遊びができる。残雪期ならではの心地よい雪遊び。「また明日、上がってこようねー!」

  

 


おつかれさまです。頼もしいワレラのスコップくん!
大中小と並んでます。また明日、よろしくお願いします。
  

 
夕暮れの散歩。雲と光が美しい時空。
  

 
待ってましたー! シャンツェの夕ごはんタイム。山菜がサイコー!


オーナー新井さんの手打ち蕎麦! つゆがまた格別です。
 


2023年度の食べもの通信、
シャンツェの登志子さんの栂池暮らしのエッセー連載中!


満腹のみなさま♡
赤ちゃんだった子がお姉ちゃんになり、また赤ちゃんを抱っこ。
FOSの幸せな循環と継続に感謝。
  

 
お天気にワクワクで早起きしてしまい、小谷塩の道を朝の散歩。
  

 
小さくて可憐な水芭蕉。妖精みたい。
 

 
朝ごはん。陽の光がさして、まるで教会みたい。
山葡萄や天然酵母のパンを焼くシャンツェ。
自然の恵を分かち合う食事。

 
一晩を共にして新しい妹ができましたー。今度は私が妹をお世話したい。
FOSは大きな家族としてコースを進めていくから、しぜんと親の手元から子どもが離れ、子どもの主体で行動して行きます。みんなで子育てする場でもあるんだよ。
  

 
ゴンドラから眺める山々に感動!
山の神まさに感謝!

 
ロープーウェイに乗り換えて、標高1900m栂池自然園に上がります。
乗り物って楽しい!

マサのナビで森を抜けるコースから、ひろーい雪原へ。
北アルプスの雄大な景色に身体も心も解放されていくよう。
気持ちいいー!

ベース地を決めた模様。
 

 

 
残雪の森歩き。雪の斜面をゆっくり歩いて、素敵な樹にごあいさつ。
  

 
新井さんの大きなおにぎり。美味しいね!
幸せはここに在りますねー!


ひと遊びしたら帰りましよう!
雪の世界に集えたこと。新しい出会いもありがとう!
とっても素敵な山時間になりました。
  

 
今年は雪が沈むのが早く、もうカンジキもいらない程、雪が解けています。
地球環境が例年並みという捉え方ができない状況になりました。
人は自然から離れて生きていくことはできません。子どもと自然を感じる感性や感覚を大切に、生命を何よりの拠り所として育ち合っていこうね。

 
ゴンドラに乗って下山です。
2日間、とっても楽しくて美味しい至福の時間になりました。
遠いけど! 白馬・栂池の自然とシャンツェは最高の体験の場を用意してくれるなーと思います。

次回は秋、紅葉の北アルプス2000mの山歩きをしましょう。
みなさま、ありがとうございました。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Calendar

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930