1. HOME
  2. ブログ
  3. 旅立ちに冒険を!

旅立ちに冒険を!


福岡太宰府にて森の幼稚園からの幼馴染3人組。
幼い頃から、FOS主宰のマサの山の世界に遊び育ってきた子どもたち。
小学卒業記念にマサの登山ガイドで佐伯市宇目の藤河内渓谷から宮崎県境を越えての山旅に挑戦します。
  

  

  
買い出しからパッキング。自分達で野宿に必要な全ての装備を担いでいくのです。
必要なものを厳選して、リックに詰めていきます。
  

  
荷物の重さが肩にどっしりとかかります。
笑顔でピース! 出発しまーす。
  

  

  

  
森の道、ゆっくり歩いていくのですが、岩登りの要素があったり、集中して歩くことが求められます。
荷物が重いので、振られることもあり、バランスをとりながら歩いていきます。
  

  
観音滝に到着です。
最後の登りがきつかった!
滝から清らかな水しぶきを受けて、ここまで歩いてきた祝福を頂いているようです。
自分で頑張った分だけ、味わうことのできる充実感、満たされている気持ち。
みんなで分かち合うことで、また嬉しさも倍になりますね。
  

  

  

  

歩いては休み、歩いては休む。
荷物を下ろして、ほっーと一息つく、開放感ったらない。
けれど、山という世界はなんて自由なんだろう。
山と森と木々と僕たちと。自然が友達みたいにとても親しく感じられるって、
安らいだ気持ちで幸せな気分になる。
心で感じられる、身体が静まっている安らぎを覚えていよう。
   

 

野宿で過ごした3日間。なんて豊かな冒険になったことだろう。
自分の内にある情熱にふれる。友達と共にいる安心感や楽しさを知る。
生きる上で、大切なことは自分の感じる世界に在るってことを体感する機会になったことだろう。

新学期、冒険者3人には新しいステージが始まっていることだろう。
冒険は毎日、日々の中に開かれていくよ!
また会える日まで、元気でいこう!

自分が自然を求めていると感じたならば、いつでも自然に心を向けてみてほしい。
空には星も、太陽も雲も、きっと3日間、感じていた世界は都市部にいても感じることができるよ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事