1. HOME
  2. ブログ
  3. 原生の自然にふれる1/30 レポート

原生の自然にふれる1/30 レポート

  

おはようございます。
思ったより雪の少ない富士山。
雲がダイナミックに動いています。
  

  
太陽の光がないと寒い雪景色。
白と黒の大地。冬の富士山、ここに出会いたくってきたよ。
  

  
冷たく澄んだ空気のなか、黙々と歩く。
  

  
冬の富士山コースには欠かせないケイちゃん。
「一本、行ってきまーす!」本気で遊び、超楽しんでいる大人の雰囲気っていいよねー。
軽やか~!


中高生のふたり。
雪しかない世界にあるのは自由だ。
  

 
ふたり乗りそり。滑走感半端なく、雪まみれ!
「楽しーい!やばくない!」」やばいに含まれる気持ちは?
楽しい! サイコー! すごい! スリル感。
言葉を超えた世界を共感しているって嬉しいー♡ 

  
「おー雲から富士山が出てきたよー! いまがチャンス!」というこで記念撮影!

ZEPPYエキスパートのHちゃんの後ろにぴったとTくん。
スキー指導では、スキー技術は指導者の姿勢からと言いますが正に!
Hちゃんの斜面を感じながらスピードコントロールをして、Tくんに合わせてターンを決めていく。
富士山を滑る2人の呼吸が気持ちよく合っていることが伝わってきます。

そして、この一枚を撮影しているペーの感度もバッチリ!

 

原生の自然にふれる。
コロナ禍から子ども社会や教育現場にも様々な規制がかかり、自分の感覚に立ち、生きることが難しく感じています。
富士山のスケール感、ダイナミックな雲の動きに心身が解放されて、生き生きと自分が動いていることを意識する。
(僕らは本来、自由な存在なんだ) 心の奥の方から、冷たい空気にふれている身体から感じる。
Feel our soul  いま、改めて大切にしていきたい。




  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事