北八ヶ岳雪山遠征、スノーキャンプ&スノートレッキング

北八ヶ岳雪山遠征、スノーキャンプ&スノートレッキング

北八ヶ岳雪山遠征、スノーキャンプ&スノートレッキング

雪野原のベース地をめざして雪山登山。
ベース地では満天の星空の下、
テントで2泊のスノーキャンプになります。
3日間のスノーキャンプに必要な
装備を担いでベースに上がります。
テント・寝袋・コンロ・鍋・ガス、食料。
重い荷物を担いであるく厳しさはありますが、
当たり前の生活をゼロから創る体験は充実した満足する気持ちを心と身体で体得することがでます。

水は雪どけの沢水を浄水器で浄水して使います。
夜は氷点下の寒さになりますので、丁寧な服装の準備が必要になれますが、
大自然そのものの時間軸に身をゆだねて過ごす経験はかけがえのない体験になることでしょう。

定員8名の少人数のコースです。
スタッフはマサとゆうみ、子どもたちの心根に優しく寄りそう若手のスタッフも入ります。
大自然のなかで存分に遊ぶ!
FOSジュニア春休みの特別企画。
エントリーお待ちしています。

基本情報

● 日程 : 2017年3月25日(土)~28日(火) 3泊4日間
● 場所 : 北八ヶ岳山域
● 対象 : 小学3年生~高校生まで
● 定員 : 8名
● 集合 : 3月25日(土) 小淵沢駅 11時頃
● 解散 : 3月28日(火) 小淵沢駅 17時頃

★往復 新宿駅からFOSスタッフが同行します。集合場所までの交通費は各自。

★25日は登山準備の為に白州木の実の小屋に宿泊。26・27日は雪山テント泊です。

● 参加費: おひとり54,000円 ※兄弟参加おひとり 48,600円
(税込・指導料、小屋泊費、山中での食事代、温泉代、装備レンタル料、山岳保険代を含む)

活動プログラム

● 1日目

集合 11時 木の実の森へ移動
  オープニングとお弁当タイム
雪山の準備
夕食の買い出しと温泉
子どもたちによる夕食パーティー
くつろぎの時間と就寝

● 2日目

朝ごはんの後、登山準備。

● 3日目

北八ヶ岳の山の世界での2泊3日間。
スノーキャンプ・トレックを満喫しよう!

● 4日目

キャンプ撤収
木の実の小屋で片付け
小淵沢駅にて解散

※天候によっては、ベース地や活動内容の変更もございます。
なにより安全に進めていかれるように、最善の状況判断で活動展開していきます。

服装(活動中に着るタイプ)

● 雨具または雪山用ジャケット上下やスキーウェアー
● フリースorセーター
● 化繊やウールのアンダーウェアー上下
● 化繊のズボン(フリースやジャージなど、ジーパン(綿素材)は不可)
● 厚手の靴下
● 防寒帽子
● ネックウォーマー
● サングラスorゴーグル
● スキーグローブ
● 薄手の手袋(のびのび手袋など)
● スノーシューズや雪用登山靴(23㎝以上は冬用登山靴のレンタルあり)

※FOSレンタルは本格的な雪山対応の登山靴の為、小学低学年には適しません。
23㎝未満のサイズは、新しく完璧な防水性のあるスノーシューズをご準備ください。

持ち物

● 45L~60Lのザック(レンタルあり)
● 防寒着(ダウンジャケットなど)
● 替えの靴下2足(ウールや化繊)
● 替えのアンダーウェアー1組
● 食器セット(お椀・コップ・箸・スプーンなど)
● 水筒(保温と水用・ペットボトル可)
● ヘッドランプ(懐中電灯)
● ホッカイロ3つ(寝る時に腰に張ると暖かい)
● 歯ブラシ
● 手ぬぐいor薄タオル
● おやつ(チョコレートや飴、せんべいなどテントや行動中にうれしい!)
● 初日のお弁当
● 下山後の温泉セット(タオルや着替えなど、車に置いていくので、別袋へ準備)

FOSから個人向け・レンタル装備(参加費に含む)

● スノーシュー
● 冬用寝袋
● エアーマット
● 冬用登山靴(23㎝以上になります)

※FOSレンタルは本格的な雪山対応の登山靴の為、小学低学年には適しません。
それ以下のサイズは、新しく完璧な防水性のあるスノーシューズをご準備ください。

交通案内

FOSスタッフが新宿駅から引率します
●行き 3月25日(土)
9:00 新宿駅 JR特急あずさ9号9番線発 →  9:26 立川  → 9:36 八王子 → 11:08 小淵沢駅着

●帰り 3月28日(火)
17:41 小淵沢駅 JR特急スーパーあずさ28号発 →  19:02 八王子 → 19:11 立川 → 19:35 新宿着